!サタデー - ズームイン! 鳥人間コンテスト2019年の優勝者予想! ここでは鳥人間コンテストの優勝者予想をしていきます! 鳥人間コンテストが撮影されたのは、7月27日と28日の2日間で約1か月前です。 場所は前回と同じ「琵琶湖東岸」の、 「松原水泳場」 です。 - あらびき団 - チェック!ザ・No.1 - KOZY'S NIGHT 負け犬勝ち犬 - よしもと新喜劇 - ダウンタウン也 - どっちの料理ショー - アジアの純情 - 東西芸人いきなり!2人旅 - ニッポン!いじるZ - もはや神ダネ - ほこ×たて - 世界HOTジャーナル - ギョクセキっ!   - 7.真夏の夜の夢 - 8.She is my new town/I just want to hold you, 1.ロミオ道行 - 2.オール バイ マイセルフ - 3.上海大腕 - 4.上海大腕II, 人生が変わる1分間の深イイ話 - ぐるぐるナインティナイン - 羽鳥慎一モーニングショー(夜の拡大版) - 24時間テレビ 「愛は地球を救う」 - 鳥人間コンテスト選手権大会 - 日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト - THE MUSIC DAY - うわっ!ダマされた大賞 - 宮本×羽鳥 団地好いとぉ, おすぎとピーコの金持ちA様×貧乏B様 - NNNニュースプラス1 - 金のA様×銀のA様 - どんまい!  TBSテレビ そして番組出演者一覧がコレ! ■司会 ・新司会のナイナイ矢部浩之(47才) ・日テレ羽鳥慎一アナ(48才) ■プラットホーム ・パンサー向井慧(33才) ・乃木坂46秋元真夏(26才) ■ボートリポート ・元スキーノルディック荻原次晴(49才) ■スタジオゲスト ・モデルの滝沢カレン(27才) ・スポーツタレント武井壮(46才) ・元宝塚で女優・紫吹淳(49才) ・プロレスラー真壁刀義(46才) ・アインシュタイン(稲田直樹34才・河井ゆずる38才) 2008年から司会を務めていた東野幸治さん(51才)に代わり、ナイナイ矢部浩之さ … - 冒冒グラフ - 今田・東野のCMコウジ園 - 発明将軍ダウンタウン→ひらめけ!発明大将軍 - Oh!黄金サービス - BLT- 熱帯シナモンズ - らぶ衛門 - 快傑!コウジ園 - 名古屋が最高! She is my new town/I just want to hold you, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=鳥人間コンテスト選手権大会&oldid=80023353, 大会が台風9号による荒天のため中止となった影響で、本曲はシングルとしての発売が見送られた。, 大会開催前の人力プロペラ機ディスタンス部門の記録が9,761.56mであり、タイトルを「1万メートルの景色」としたが、この大会の記録は23,688.24mであった。, 大会初の100m越え。鈴木は、後に数々の出場機(大会優勝機やトンボ(昆虫)を模した複葉滑空機を含む)の設計を手がける。また、初の湖岸着陸(墜落ではない)による失格者でもある。, 大会発足当初の出場機は、ハンググライダーのような開放構造の機体のみだったが、この頃までには優勝機はキャノピーの採用による空気抵抗の削減が当然となった。, 第1回大会から連続出場で初優勝。楠は、少なくとも第11回大会まで連続出場を果たし、第6回大会以降は上位常連であったが、後に事故のため他界。第13回大会において、この第8回大会の優勝機を復元し、第4回大会優勝者の鈴木正人が追悼フライトを行った。, 滑空機初の200m越え。第9回大会は人力プロペラ機が290m台を記録し第1位となったため、当該フライトは大会記録上では第2位。翌年以降、滑空機部門と人力プロペラ機部門の部門別開催となる端緒となった。, 無尾翼機による優勝。無尾翼機は設計、操縦とも困難な課題を抱えているが、糸谷は初出場となる第3回大会以降、無尾翼機による挑戦にこだわり続けていた。, 部門優勝はTOA鳥人間の会・佐々木正司の205.10mであるが、本大会における滑空機最高は、レディース部門エントリーの当記録。2020年現在、大会史上、唯一の女性総合優勝であり、かつ優勝操縦者が十代(第6回大会の村山以来)という偉業を達成, 滑空機初の300m越え。木島は、キャノピーの前面投影面積を可能な限り削減し、空気抵抗を更に削減するスタイルの草分け的存在のひとりである。, 佐々木は、地面効果を極限まで追求する低翼配置、胴体と主翼が一体化した強靭なモノコック構造、操縦桿を機体下面から突き出す形で延長し、水面を感知することで昇降舵を操作する等、独特のアイデアを満載した機体で出場を続け、後に大会審判長を長年務めた。, 台風6号直撃による天候不良の影響で1日目は競技途中で中止。残りのフライトは2日目に延期された。, 初の人力プロペラ機による優勝。翌年以降、滑空機部門と人力プロペラ機部門の部門別開催となる端緒となった。1979年にドーバー海峡横断に成功した「ゴッサマー・アルバトロス」に類似した先尾翼構造を採用, 人力プロペラ機部門として独立しての第1回。しばらくは滑空機と合わせて飛距離を競う総合優勝という制度も併用されていたが、後に廃止され、各部門は同格の別物として扱われるようになった。, 琵琶湖大橋まで到達し強制着水。準優勝の田中宗介(東京工業大学Meister)の32,177.99m、3位の中谷好博(東北大学Windnauts)の24,823.01mも共に前回までの大会記録を更新。東北大学は北ルート制覇。, 初の18km折り返し成功。初めて折り返しラインを越えたのは2年前に続き2回目の準優勝となる田中宗介(COOLTHRUST)。, 宮内は、11年後(2017年)に開かれた第40回大会にもROKKO WORKS(東北大学OBが中心の社会人チーム)のパイロットとして出場すると、第30回大会の自己記録を上回る30,221.54mで準優勝。, チームが2006年7月に世界初の有人乾電池飛行を成功させた電動機「オキシフライヤー」(オキシライド単3乾電池160本搭載)に酷似するが、主翼等が別設計, 台風12号の接近に伴う強風の影響で、フライト中に機体の主翼が突然折れて着水するチームが続出したため、8チームのフライトを残した状況で競技不成立, 台風6号直撃の影響で、1日目のフライトは中止。競技不成立だった前回を挟んで実質2連覇を達成。史上初の2度目の完全制覇を達成。, 強風の影響で、機体がスタートラインへの到達前や折り返し地点の旋回中に着水するチームが続出。, 2018年の第41回大会については、例年と同じく、2日間の開催を予定していた。しかし、2日目(7月29日)に, まず東北大(この年3位)が進路を北に向け対岸まで達したが、安全を考えそこで着水させた。, しかし、パイロットは納得がいかず、そのまま通過する意気込みで飛行していたが最終的に説得に応じ着水。, 本来は最初の勧告無視の時点で、規則違反で失格となっていたが、新記録であったことや琵琶湖大橋到着まで若干の猶予があったため、説得が認められ、運営による失格の判断も保留となっていた。, 渡邊を乗せた機体が折り返しに成功した末に、プラットフォーム付近まで到達したため、設定されたエリアでの着水によってゴールと認定した。渡邊の後にも数チームが飛行を予定していたため、以降に飛行したチームのパイロットが40km完全制覇を達成した場合には、渡邊の飛行時間(フライトタイム)から1秒でも下回ることを逆転優勝の条件に定めていた。しかし、該当するチームが出なかったため、全出場機のフライト終了後に「BIRDMAN HOUSE伊賀」の優勝が確定した。, 第2回 - 第9回:競技部門、コミックエントリー(飛距離を競わず、面白い飛び方を競う), 第10回・第11回:滑空機部門、人力プロペラ機部門、女性パイロット部門、コミックエントリー(第11回は中止), 第21回 - 第23回:滑空機部門、人力プロペラ機部門、チャレンジ部門(飛距離だけでなく機体デザイン・コンセプトなどを総合的に競う), 第25回 - 第27回:滑空機部門、人力プロペラ機部門、人力ヘリコプター部門(第25回は参考競技), 第28回・第29回:滑空機部門(フォーミュラクラス / オープンクラス)、人力プロペラ機部門, 第30回 - 第39回 :滑空機部門(フォーミュラ / オープン混合)、人力プロペラ機ディスタンス部門、人力プロペラ機タイムトライアル部門, 第40回 - :滑空機部門(フォーミュラ / オープン混合)、人力プロペラ機ディスタンス部門, 以上の部門が廃止されてからも、女性パイロットが男性と同じ部門・条件で出場することがある。, 鈴木正人(鳥人間コンテストテクニカルアドバイザー、解説)◎ - 第4回大会では、パイロットとして滑空機部門で優勝。, ブレーン:米原昌宏(2007,2008,2010-2018,2020年)、櫻井ひとみ(第38回-)、みねほのか(2020年), TD/SW:井ノ口鉱三(ytv、2020年、第32回はVE、第35-38回はオンボードカメラ、第40,41回はSW), CAM:野口忠繁(ytv、第38,40,41回,2020年、第34回は照明、第36回はオンボードカメラ、第42回はSW), VE:窪内誠(ytv、第40,42回-、第26回は照明、第35-37回はヘリコプター), 取材ディレクター(第34,41回-):加藤崇・杉野嘉則・上田洋也・岸本至生(4人共yytv、加藤→第41回は宣伝、第42回はチーフディレクター、杉野・上田→第41回-、岸本→第42回)、橋本慈之(ディーレック、2017年はディレクター)、佐伯圭祐(クリエイターズユニオン→ハレバレ→2016年からDmark、2011年以来、その他はディレクター), ディレクター:坂谷龍司(ytv、第41回は大会ディレクター、第42回はチーフディレクター、以前はディレクター担当), チーフプロデューサー:竹綱裕博(ytv、第41回-、第39,40回はプロデューサー), 協力:トヨタびわ湖荘(第26,29回)、里根漁業協同組合、西尾レントホール(第26,29,31,32回)、滋賀県、彦根市/彦根市松原漁業協同組合、沖島漁業協同組合、UPスポーツ、マリン、E.W.ダイビングセンター、, 技術:徳久多久美(第26回)、北條吉彦(第29,31,32回)、廣畑秀史(第36,37回)、小椋敏宏(第38回), 技術/TD:池見憲一(ytv、第42回、第26回はGPS測定、第29,32,33回はGPS、第37-39回はVE、第41回はTD), TD:小野木晋(第31,32回)・坂口拓磨(第33回、第26回はカメラ)・三村将之(第26回はミキサー、第35,38回は照明、第39,40回)(全員ytv), SW:小池一暢(第26,33,35,37回、第31回はカメラ)・塚本新一(第34,37回、第33,35回はTD)・杉本麻也(第34回、第29回はSW)・野平浩二(第39,40,42回、第29回はオンボードカメラ→一時離脱→第35-37回はカメラ)(全員ytv), CAM:森下直樹(ytv、第32回)、加藤裕規(関西東通、第40,41回、第36-39回はオンボードカメラ)、坂口裕一(ytv、第42回、一時離脱→第31回はオンボードカメラ、第36回復帰当時はSW、第41回はSW)、大橋優(ytv、第42回、第40回はオンボードカメラ), VE:菊地健(第26,29,33,34回)・村上和生(第31回)・米田忠義(第35,36,41回)(全員ytv), オンボードカメラ:岩松道夫(第26回)・国部泰治(第32,33回)・広瀬孝昭(第34回)・星野高久(第35回)・宮川竜之介(第41回)(全員ytv)、脇阪祐司(第42回、ytv Nextry), ヘリコプター:渡辺容代(第35,36回)・高橋和也(第36-40回)・三井進矢(第37回)・木谷公久(第38回)・大中一(第41回)・三ツ屋貴友(第41,42回-)(全員ytv)、土井政亜(第42回), 特殊撮影(2016年から復帰):高田篤(DHC、第37回はPARLAY)、岡田和也(第42回、ytv Nextry), マイクロ:平野幸一(ytv、第29,31,34回)、荒谷広行(ytv、第32回)、松浦正和(ハートス、第33回、第32,35回は照明)、安井太久也(ytv、第36回)、千原徹(ytv、第35,37回)、奥畑潤一(ytv、第38,39回)、谷口英雄(ytv、第40,41回、第29回は音声)、福場清正(ytv、第42回、第38-40回はヘリコプター), 音声:田口護(第32,33回)・小西康元(第34-36回)・沖田一剛(第37,38回)・鈴木直人(ytv、第39-42回)(全員ytv), 照明:吉田勝(第29回)・堂免高志(一時離脱►第36,37,39回)・浜野眞治(第31,33,40,41回、第29回はTD)(全員ytv), 編集:北田雅彦(第26,29,31,33回、フリー・フォーム・カンパニー)、苧玉和也(第34-37回、フリーフォームカンパニー)、川畑端仁(第34-36,38-40回、フリーフォームカンパニー)、土田しげお(第26,29,31-33回、東通AVセンター)、仲田光佑(第37-39回、フリー・フォーム・カンパニー)、浅田邦裕(第41,42回、フリー・フォーム・カンパニー)、鍬田峻史(第40-42回、フリー・フォーム・カンパニー), 音効:片岡幸司(第26,29回、サウンドエフェクト)・松井久美子(第31,32回はサウンドエフェクト、第34回はytv Nextry)、村木綾(第33回、サウンドエフェクト)、荒畑暢宏(第35,36回、ytv Nextry)、鏑木太郎(第37-40回、ytv Nextry)、副島圭祐(第41,42回、ytv Nextry), MA:進藤麻紀(第26回、東通AVセンター)、山本正志(第29回)、小野慎也(第31-33回、東通AVセンター)、六車誠(第34-42回、ytv Nextry), 美術:水谷博行(第29,31,32回)・箕田英二(第33-36回)・野沢桃子(第37-39回)・上野貴弘(第40回)(ytv), 進行統括:山口忠美(高津商会、第35,36回、第26,29,31-33回は会場設営、第34回は美術進行), 美術進行:大西亜壮(第26回)、中村卓志(第32回)、長洲史雅(第37-39回、高津商会)、加賀谷寿雄(高津商会、第40-42回), 美術協力:公成建設、西尾レントオール、東京衣裳、アイディアリミックスクラブ(東京・アイディア→第41回-), 審査員:野口常夫(第34,35回)、坂田守(第34-37回)、藤原洋(第34-38回)、小谷修一(第34-40回)、小野田靖、飯野明、福澤計人、本多正明、山下祐作、丸尾修三、菊池守男、山本貢、伊藤健、両角岳彦(山下以外→第34回-、山下→第38回-、丸尾→第41回), 大会事務局長:大城雅治(読売テレビエンタープライズ、第40回-、第35-37回までは大会事務局進行), 大会事務局進行:大江美穂・森岡卓己・久保田晴香(3人共読売テレビエンタープライズ、森岡→第39回-、久保田→第40回-、森岡・久保田以外→2012年-2014年は大会事務局進行、第38,39回は大会事務局), 大会事務局:清水誠(ytv、第38回、第37回は進行、第34回はAD、第35回はディレクター), プロデューサー:川村好弘(ytv、第33回)、中島恭助(ytv、第35-37回、第29回はディレクター、第31回はプロデューサー)、大坪正季(ytv、第34,35回、第33回はAP), 進行:長谷川敬典(第36回、第35回は大会事務局P)・林晃吉(第36,37回、2002年はTD、2005年はSW)(2人共ytv)、中西和郎(読売テレビエンタープライズ、2002,2005,2007,2008年は大会進行、2010年は大会事務局CP、2015,2016年は大会事務局、2012-2014,2017年), 構成:加藤卓(第26,29回)、東京コウ塀(第31-35回、第29回はブレーン、仕事場)、村井聡之(第34-42回)、, ブレーン:今尾圭織(第29回、仕事場)、松石有矢(第31回)、中井誠(第32回)、村上慶太(第33回)、稲見周平(第34-36回)、森本陽介(第38-40回)、坂本久史(第37回)、赤井葵(第40-42回), 宣伝(2012年-):竹村麻美(2012,2013年、2011年は広報)・折原加奈(2012-2015年、2008,2010,2011年は広報)・乙部恭子(2014,2015,2017年)、, 取材ディレクター(第34,41回-):吉井智也(ytv、第41回、第38-40回はディレクター), 大会ディレクター(第41回-):古河雅彦(第38-40回はディレクター)・遠山正悠(第37,38,40回はディレクター、2013年は大会事務局進行)・門上由佳(以前はディレクター担当)(全員第41回)・中埜勝之・高橋史・田中瑛人・粟津陽介・中屋敷亮・廣瀬拓万・浦井章亘(全員ytv、中屋敷・廣瀬・高橋→第41回-、中屋敷・廣瀬→第40回はディレクター、中埜・田中・粟津・浦井→第42回、中埜→第39,40回はディレクター)、岡正明(, ディレクター:瀬野尾光則・村上雅俊・高柳康・福田浩之・山本陽・中嶋信之・池田健・川上淳平・田渕草人・関典明・中山喬詞・上野正樹・安部祐真・植村勇太(瀬野尾→2002年、村上→2005年、高柳→2005,2007,2008,2010-2012年、福田→2007年、山本→2008年、中嶋→2002,2008,2010-2012,2014年、田渕→2010-2013年、川上→2012年、池田→2012,2013年、関・中山→2013,2014年、上野→2014-2017年、2010-2013年はチーフディレクター、安部・植村→2017年)(全員ytv)、菱田貴樹(2005年、クリエイターズユニオン)、広瀬結花(2014年、Dmark)、木村友厚・佐々木修・小林裕紀(木村→2002,2005,2007年、佐々木→2002,2005,2007,2010年、小林→2008年、以上グルービン)、辻山健太(2007,2008,2010年、メガバックス)、川畑智史(2014年、フリー)、光岡麦(Dmark、以前はメガバックス、2011年は取材ディレクター)、三好章仁(, チーフディレクター:三輪宗滋(第29回)・山口将人(第34,35回、第33,36回はディレクター)・遠藤慎也(第37-41回、第34,36回はディレクター)・吉田剛志(第40,41回)(全員ytv), プロデューサー:竹本輝之(第32回)・斎藤恭仁雄(第36-38回、第31-33回はチーフディレクター、第34,35回は演出)・吉田聖(第41回、第31回はディレクター、第38回は編成)(全員ytv)、上田識喜(第29,31回)・川添武明(第31回)(以上日本テレビ), 演出補(第40回):太田匡隆(ytv、第40回、第26回はチーフディレクター、第29回はディレクター、第31,32回は演出、第33-39回はプロデューサー), プロデューサー/演出:金井南燮(ytv、第41回、第35回はディレクター、第36-39回はチーフディレクター), 鳥人間コンテスト30th ANNIVERSARY(DVDボックス) 2006年発売. BIRDMAN HOUSE 伊賀 !スポーツ&ワイド - ズームイン!!朝! 鳥人間コンテストの事故に関して提訴した川畑明菜さん本人の発言、RTおよび会話をまとめました。報道だけを読めば「自己責任」という印象を持ちますが、報道されない部分で本人がどういった思いで提訴に至ったのかが読み取れます。 2位のチーム:30万円 - 超!よしもと新喜劇 → 超コメディ60! 今年栄冠を勝ち取ったチームはどこだったのでしょうか? about-大会概要-読売テレビ放送株式会社は2019年7月27日と28日、滋賀県彦根市の琵琶湖東岸で「第42回鳥人間コンテスト2019」(2019 japan international birdman rally)を開 … 実は過去に鳥人間コンテストに九州工業大学が出場し、パイロットとして出場した川畑明菜さんが、人力飛行機で滑走中、左主翼が折れ曲がり、10メートルの高さから落下し、その衝撃が原因で脳脊髄液減少症という後遺症を患ってしまったことがありました。 川畑明菜さんは日常生活がままならないほどの症状で、読売テレビ、九州工業大学、人力飛行機を制作したサークルの顧問、リーダーや設計責任者や製作責任者等の幹部 … 第42回(2019年)現在の正式タイトルは『Iwataniスペシャル 鳥人間コンテスト選手権大会(西暦)』。 2020年は代替番組として『Iwataniスペシャル 鳥人間コンテスト2020 特別編 ~新たな挑戦~』を放送。    NHK   今までお世話になった方々の重圧を感じてそれどころではないかも知れませんね。 今年も前日の期待審査辺りでgdgdしてたっぽいのがTLの隅っこに流れてきたり、30年経ってもアレだけデカい大会運営するのは大変なんやなって, 不死鳥のようによみがえる記事ランキング?(´・ω・`)まぁ労働が発症原因の大半を占めることなんて周知の事実でも50年後の疾患まで責任持たなくていいよねってなるからの、実質。より忌避的に行動するなら事業リスクを考えたら20年未満で潰すの繰り返してきれいな人材だけ回収してから長寿命の企業を作ればおkなん。世の中って厳しいんよな。, Togetter - 国内最大級のTwitterまとめメディア - Togetter, 鳥人間コンテストで事故による後遺症に苦しむ方 裁判が始まろうという時に このようなことが起こりました。, jinrikiplane.hatenadiary.com/entry/20190402….  テレビ東京 !番組対抗 炎の熱血バトル - ジェネレーション天国 - 噺家が闇夜にコソコソ - バイキング - 不思議探求バラエティー ザ・世界ワンダーX - プロ野球オールスタースポーツフェスティバル - ノブナガ - 本能Z - あるある議事堂 → こんなところにあるあるが。土曜♥あるある晩餐会 - テンション上がる会?〜地球のことで熱くなれ!〜 - 弁護士といっしょです - ピンポイント業界史 - クイズ!