志賀直哉〜小林多喜二〜 嵐に大好きを伝えたい♡しょおじゅんゆうちゃんの嵐と翔潤と恋愛小説ブログ. 作品は全て携帯でも見れます 同じような小説を簡単に作れます → 作成 この小説のブログパーツ. 18. 20164月 引き継いで管理人となりました。 Ameba新規登録(無料) ログイン. ほぼ全てのカプが置いてあるけど 25が大好き。1番好き。 でも45と15も大好き。 もちろん35も好き。 要するに潤くんは受けなのさ。 要するに翔潤は1番なのさ。 そんな管理人のサイト、 ご自由にお入り下さい。 これから夢書きになろうとしてる人の役にちょっとでもなれば嬉しいです♪, シュールで幻想的で、ときどきブラックな短編集。 この記事は、妄想恋愛小説(BL)です。苦手な方はUターンを♪ 【超嵐】~翔潤~season 10-2 そんな9月の終わり、先輩のお母さんが倒れたからと、急… 【超嵐】~翔潤~season 10-2 | SALA☆LOVE☆BEADS. 皆さん独自の世界観を存分に披露してください。. バーナードリーチ〜 共に生きる〜共生! NEW 10時間前 ペンライトで参集しよう企画☆アラフェス2020 祭りーでぃ! よろしくぅ♪at国立競技場!11/3; 1日前 ファンは嵐を信じてる…と私は思います。 それが伝わるといいなあ。一旦の区切りの年だからこそ。 1日前 アメトーークは気にすることない♪芸人さんMCのバラエティで1つのネタになる。 大きいグループ嵐です 9時間前. 作品は全て携帯でも見れます 同じような小説を簡単に作れます → 作成 この小説のブログパーツ. こんにちは今日は仕事ですが、新上司はお休みなので、私を含めみんな久々のびのびと仕事してますこんなに違うものなのねところこれブロ友さんに教えてもらって知ったんですこれ買いました?私はツーパターン購入しました実はこのプロジェクトの商品になかなか巡りあえなくて、この手のものは一切持ってないんですカードで手元に持てるし残るしキャッシュレスで、チャージもできるし使い勝手がいいかなあと実用的なのが決め手ですお買い求めを考えの方、お早めにねhttps://www.jcb.jp/spec, こんばんはMステが20時からと思ってました21時でしたねとにかく楽しそうとってもいい曲ですマリーゴールド鬼リピの話で潤君に応援される翔さん20?…よくわかんないけど、話し方から中学生位かなあ?女の子グループの中に席の関係で混ざって映ってしまったように見えた潤君アクリル板越しに潤君に何か言ってる翔さん恥ずかしいのか顔を手で覆う潤君アクリル板越しにいちゃついてたねほんと楽しい時間でした嵐は来週もMステに登場するんですよね嬉しいなあenjoyの更新でthisis嵐の発売が, あの時の僕はどんな未来を想像してたかな?とにかく君が好きで、そのことばかり考えて頃。僕達は二人でひとつの『月』だと信じて疑わなかったし、今でもそう思ってるだけど。君はあの時、どう感じてたのだろうか?◆「今夜は10月二度目の満月。10月31日が満月になるのは40年以上ぶりらしいよ」「へぇ、そうなんだ?そういや、前回の満月は綺麗だったなあ。まさしく中秋の満月って感じでさ」今夜、久々翔君の自宅に遊びに来ていた。忙しい最中、やっと取れた時間にほっとして休んでる時に今夜が満月だと気がついた, こんにちは♡お話書いて妄想の世界で幸せ求めている今日この頃。。。出来上がったらすぐに出したくて、いつもと違う時間にアップしております(^_^;)さて今回のお話は、あの休止宣言の会見後の2人のお話です。だから、まだ傷がジュンジュンして辛かったら、もっと元気になってから読んで頂いた方がいいかもしれません。そして今回何故か「潤翔」です!何故か、っていうか、今回はこうだな、と思ったんですよね。苦手な方もいると思うので、先にお伝えしておきますね。そういう二重苦のあるお話ですのでウケが悪いかもしれ, 眩しくって目を覚ますと、そこは青い空。起き上がって見えるのも青い海。…え?なんで外?あー!!あのまま寝ちゃったんだ!周りを見ると4人の熟睡している姿が見えた。携帯を見ると親や事務所からの着信が。「ちょっ!みんな起きて!ねぇ」右隣で眠ってる潤を揺さぶる。…まだ眠いよぉ…とだけつぶやきなかなか起きない。「起きて!ってか、みんな起きろ!!」もう、何よ?声デケェななんて口々言いながら起きる4人は、自分達が海辺にいる事実に呆然としていた。「俺らあのまま寝ちゃったんだよ。日曜は, ふ、と目が覚めて「・・・ここ・・は?」視界が揺れているような感じがするけれど見えた景色が知らない部屋だったから、つい呟いたら「俺んち」思いがけない声がして、驚いて跳ね起きようとして「ッ痛・・!」頭がグランとして目が回る。「大丈夫?飲み過ぎでしょ・・」心配そうな潤の声と、目の前に水の入ったグラスが差し出されておそるおそる顔を上げると、グラスを持って覗き込んでる潤と目が合った。「・・何、で・・、潤の・・?」「だって翔さん、倒れちゃったから」「・・・」しまった。不覚にも、, 「あれ?しょおくんだ」セットされてない髪をキャップで抑え、眼鏡をかけた完全プライベートの松本が、部屋に入っていちばんに俺の名前を呼ぶ。こんな些細なことにまで歓びを感じるなんて。「どしたの?リーダーとは約束してたけど、翔くんは今日何もないよね?」「・・、ああ」さっきまでの余韻が身体の隅々に残っているのを自覚しつつ「・・ちょっと、大野さんとフリ起こししてて」まだ火照る顔も、額に残る汗もついさっきまでダンスをしていたから、という言い訳のせいにする。彼にこんな嘘を吐くのも、とっくに慣れ, 校門へ向かって歩いてる翔君の姿が見えた。ホームルームから1時間以上過ぎているが、今まで何をしてたのだろうか。隣には見慣れない奴がいた。翔君と同じクラスではない事は確かだが、それにしては親しげでなんとなく面白くない。こっちを向かせたくてじっと翔君の背中を見た。案の定、すぐに気がつき振り向いた彼に手を振ると、翔君は苦々しそうな顔を隠しもしなかった。「…潤君、やりすぎじゃない?」「何が?」「そんな事してると翔さん逃げちゃうよ。しつこいと嫌われんじゃない?」「翔君が俺を嫌うわけないだろ, 「あいつはね、なんて言うか…ある意味おまえなんだよ」「…どう言う意味?」俺たちの世界と月の世界は表裏一体。空の上の月は俺の化身だとしたら、蒼い月はお前だよ。…翔君の言うことは分かるようで、時にわからない。いつも理路整然と話を組みたける人なのに、月に関しては曖昧な表現をすることが多い。俺に説明してると言うより、自分に言い聞かせてるような。俺を見てるんだけど、俺の後ろの何かに語りかけてるような。そんな感じ。だけど。月を見上げる彼の眼差しは、優しくて綺麗で。だからもう、蒼い月がど, ・・何かがおかしい。マジで、自分の身体なのに全然コントロール出来ない。潤に触れられるだけで、そこが熱くなって身体の奥底がじんと疼くような感覚胸がぎゅうっと締め付けられてこれからされることに期待してるのか、それとも緊張してるのか・・『俺の肩も、背中も腕も。全部、翔さんのものだよ』いつも見ていた綺麗な身体。滑らかな白い肌、細く括れた腰、誘うような胸の黒子・・あんなに欲しかった潤が、今こうして俺の上になっていいようにされてるというこの状況に、自分がこれまでになく昂, 「・・、ん・・」目が覚めると、目の前には翔さんの後頭部。翔さんが少し振り返って微笑んで「お。起きた?」「・・ヤベ、俺寝てた?」「ロケ終わりで疲れてたんだろ。・・もうちょっと寝るか?」あの後、翔さんを背中から抱き込んだまま眠ってしまったらしい。俺が目を覚ますまで腕の中で待っていてくれたらしい翔さんと、しっかり繋いだままの右手が痺れて「いてて、いや大丈夫・・、っあ!しまった、ディナーの時間・・!」「今からだと間に合わないかもな。キャンセル入れようか?」「・・ヤだ、翔さんのお祝, 「・・は?・・え!?」もともと大きな目を、これ以上無いというくらいまで見開いて無意識に離れていこうとする身体を、掴んだ左手に力を入れてそうはさせない。「よく眠れてるか?」翔さんにとっては何気ない、いつもの一言なんだろう。どうして貴方はいつもそうやって俺の心に簡単に入ってくるんだ。ーーー翔さんを諦めたくて、このロケが始まってからもほとんど2人にはならず、話してる時もろくに目を合わせなかった。だけど視界の何処かには必ずその存在を捕らえていて意識すればするほど、翔さんが気になって, 「うっま!」明らかひと口でいくの無理あるでしょ、という量をひと口でいってリスみたいに頬っぺたパンパンにしながら、美味しくてびっくりして目をくりくりさせてる可愛い翔くん。コレは家でもテレビでも一緒。「んまい〜、・・うっ、ゴホゴホ」・・ああ、また口いっぱい頬ばったたまま話そうとするから・・これが家だったら「もう、喋るか食べるかどっちかにしたら?」なんて水を渡したり何かと世話を焼いてあげられるんだけど、収録となるとそうはいかない。少し離れた席から、ニヤけるのを堪えてただその様子を眺め, 「・・わあ。やっぱりいいね、この深い碧・・!」寝室の壁に掛かっている絵を見た松本が、感嘆の声を上げそのまま前のめりになって見入っている後ろ姿を複雑な気持ちで眺める。当然、こうして寝室に2人きりでいることにドキドキしてるのは俺だけで松本は純粋にこの絵が見たかっただけなんだ、という当たり前のことにちょっと落胆なんかしたりして「俺も1枚持ってるんだ、今は作業部屋に飾ってあるんだけど。コレよりもう少し明るい色彩でね、」興奮気味に絵について語る松本。俺はそれに相槌を打ちながらもここに松本, REDASTAR・26〜OneLove櫻井は内心焦っていた。前々からこの日は早めに帰らせて欲しいと伝えてたのに、やはりというか、案の定というか…つまり早い話が、仕事が終わらなかったのだ。「先輩、すみません俺が失敗したばかりに」5才程下の後輩が項垂れる。櫻井より10㎝近く背が高いはずなのに、すっかり自信を失くした後輩は、ずっと小さく見えた。「いいよ、仕方ない。クライアントは気まぐれだからさ、こんな事もあるよ」櫻井の言葉に少し、上向きになる後輩。「だからこそ、次のその, 「ええ・・」翔くんから告白された話は、想像を超えてブッ飛んでた。「・・、マジ?」「マジ」「俺の映像を?ここで?2人で!?」「・・ハイ」「ウソでしょ・・」まさかの大野さんとのセックスに俺の映像を使っていたという、衝撃の告白。特に俺が上半身裸で「愛してるよ」って言わされてる動画がお気に入りだったとか一一そんなぶっちゃけられても・・「・・引いた?」「ドン引き」「やっぱり?」「だって俺をダシにするなんて・・」「改めて聞くとマジで変態だよな」「・・翔くんサイテー」「・・, 目が覚めると、窓の向こうは薄っすらと明るくなっていた。隣で眠る翔さんの目尻には涙の跡が残っていてお互いの肌もシーツもベタベタであれから身体を離せずに、何度も翔さんのなかで果ててそのまま眠ってしまっていたんだ。翔さんは最後、声が枯れて意識も朦朧としてそれでもうわ言のように俺を呼んだ。翔さんの過去を聞いたあとだから行き場のない憤りをぶつけるように抱いてしまった可能性は否めない。「お腹空いたって言ってたのに・・」・・ごめんね。額にかかる長い前髪を梳くと少し煩そうに眉を寄せて、無, ベッドの上で、一枚一枚ゆっくり服を脱がしながら「うん。・・うん、それで?」神妙に俺の説明を聞いてる潤。時々「・・ん?」なんて凛々しい眉を顰めるから、ドキッとする。「・・なに、じゃあ岡田さんとは最近まで続いてたってこと?」「つ、続いてたっていうか・・、年に一回とかしか日本に帰って来ないから・・」「でも帰ってきたら必ず連絡来るんでしょ?それって、翔さんに会いに帰って来てんじゃないの?」「え?そんなことは・・、え?そうなのか?」「そうなのか、じゃねえよ。知らねえよ」「・・ごめん」, 「じゅんっ、じゅん・・っ」そこに居ないヤツの名前を頭の中で連呼して与えられる快感に身を委ね、バカみたいに腰を振る。間違ってると解ってる。こんな行為になんの意味もないことも。それでも松本を脳内で汚しながら到達する圧倒的な感覚が忘れられなくていけないと思いつつ、智くんに誘われると断りきれない自分がいた。「こんなこと、もうやめよう」「やっぱりいけないよ」「これで最後・・」何度もそんな台詞を繰り返しそのたびに「わかってる。大丈夫」智くんにやんわり受け流されては、身を任せる。, お前から離れようと決心したあの日。それは今も後悔はしていない。何度嗜めても彼は嘘をつく。それは、俺を傷つけない為の優しい行為なのかもしれないけれど、それを許すほどのおおらかさは俺にはなかった。出会ったのは偶然。複数の大学が集まるサークル活動の合同活動…という名の合コンみたいなものだった。友人から人数集めに借り出され、付いて行ったあの日に出会ったのだ。たまたま席が隣になった彼はふたつ年下で、俺と同じように人数集めに駆り出されたのだと笑っていた。特に女性に不自由してないのか彼はその, 「櫻井さん、社長が呼んでましたよ〜」朝、事務所に出社するなり受付の娘から伝えられて・・何だろう?なんかヤな予感・・。ーーーコンコン、開けっ放しの社長室のドアをノックしながら「智くん、呼んだ?」中にいる人に声をかける。「あ、しょーくんおはよ〜」相手は、ふにゃんと笑うと「ちょっとお願いがあるんだけど、今日からマネージャーの担当変わってくんない?」「・・は?」社長の智くんからの、いつも通り癒し系な笑顔で、突然過ぎる依頼。「え?今日から?」「そう。今事務所をあげて売り出し中の松, その日の夜は、ロケ最終日前日ということで、演者スタッフ全員で地元の寿司屋を貸し切っての打ち上げとなった。翔さんは最初遠慮してたようだけど、助監督に無理矢理連れてこられて監督と真弓さんに挟まれて座る俺からは離れた隅っこの席に座ってる。昨日のキスから、話どころかまともに顔も合わせていない。というより、翔さんが部屋を出て行った時の冷めた瞳を思い出すと怖くて近づけなかった。離れた所でスタッフに囲まれてにこやかに話している翔さんが一体何を考えてんのか全然解らない。本当は俺のこと嫌ってる?男, 眩しさに目が覚めると、目の前には翔さんの撫でた肩。・・ああ、一緒に眠ったんだ・・初めて見る少し幼い寝顔に愛おしさがこみ上げて、まあるいおでこにキスをする。「んん」ちょっと眉を顰めて、まだすうすうと眠ったままの翔さんを起こさないようにそっとベッドを抜け出した。シャワーと着替えを済ませて、昨日聞いておいた番号をタップする。出ないかも、と思った相手が意外にもすぐに「・・はい?」不審気ながらも電話に出てくれたことに驚いてこんな早い時間に申し訳ないことをしてるのはわかっているけど翔さ, 恋と気づくまで・1とあるオフィスの昼休み。弁当を広げてる櫻井の目の前に、外食して戻ってきた背の高い男がどかっと座る。「翔って、いつまでマツジュン?だっけ?そいつの家にいるんだ?」先輩のその言葉で櫻井の眉が急斜面にした。目の前でみるみる元気をなくしていく姿に、慌てる先輩。「え?何、俺何か地雷でも踏んだ?」慌てた様子の先輩に、櫻井は首を横に振る。「いや、ちょっと他に思い出した事があっただけだから」そう言いながらも、彼の表情はまだ雲ったままだ。「なんか悩みか?」そのままにしておける, じゃあ具体的にどうしたらいいのか?…実はこれがさっぱり考えつかない。手っ取り早いのは、愛と誠意を伝えることとは思うけど、何せ相手は意固地になってる翔君。なかなか上手くはいかないんだ。元々、意地を張り出したらきかない人だったが、俺に対して殻をかぶってる今、それを破るのはかなり困難と思われた。何度も試してはみたんだよ。どう愛を囁いても『あーハイハイ』と流されるし、誠意と言っても浮気はしないくらいしかない。しないと決めてるが、これが伝わるのは時間がかなりかかるとは思う。どうしよう?, 「・・ふぅ」ぐったりとソファから動けない俺の隣で智くんが履き直したデニムのボタンを留めて、満足そうな息を吐く。それから「大丈夫?」と濡らしたタオルを手渡してくれるけど、受け取る手に力がうまく入らない。激しく揺さぶられ続けた身体は怠くて、充分解されずに侵し入られたところが鈍く痛んだ。「・・智くん・・」ソファに凭れたまま、顔だけ上げて彼を見上げる。「ん?拭いてやろうか?」「・・どうして、中に・・?」彼はいつもゴム(どころかローションも)を持ち歩いていて、頼まなくてもちゃんと毎回そ, 「翔ちゃん」ニノが自分の首の後ろをトントンしながら俺を呼び止める。「?」「後ろだから気づいてないでしょ。結構目立ってるから、気をつけて?」そう言って手渡された鏡と楽屋の鏡で確認すると「・・!」項の付け根辺りにくっきりと赤い痕が残っていた。最近、智くんは行為の際にこうして痕を残すことがあってちょっと困ってる。「・・あ、ありがと//」「いーえ。そこ、自分じゃわかんないよねえ」「・・・」今日はニノと2人でテレビ誌の撮影で普段5人でいることの多い俺らがこうして待ち時間に楽屋で2人, 衝動的に唇を塞いで深いキスをしながら縺れ合うようにして寝室の扉を開ける。ずっと好きだった相手にあんな風に誘われてそれでも我慢できる奴なんかいると思う?・・俺は無理。バフっと音を立ててベッドに沈むと、夢中で翔さんの身体を弄る。「・・はあ、潤・・」シャツの下からすべすべした肌を撫でて、その指が胸のところを掠めると合わせた唇から吐息とともに漏れる翔さんの声が色っぽくて、頭が沸騰しそうになる。こんな展開になるなんてロケ前には思ってもいなかったから、, どうも〜弓月です|・ω・`)コッショリ妄想が溢れ出た結果の翔さん受け詰め嵐イラスト×❤️色付けまで完了したので載せますよ〜⁽⁽꜂(꜀(⑉ˎДˏ⑉)꜆₎₎'`ァ'`ァガッツリBL注意ですので苦手な人は回れ右してネ★翔さん受け詰め嵐イラストです↓ニノ翔❤️&相櫻❤️潤翔❤️&山夫婦❤️似てるかどうかはともかくとして翔さん受けのエロ詰め合わせを描けて弓月的には大変満足ˉ̡̠̭̭"(⑉¯།།¯⑉)ˉ̡̠̭̭"次はオリ, 意味はわかっている。だから言い直すことを求めたわけじゃない。だが、律儀な櫻井は他の理由も含めて言葉を続ける。「春にはなかなかいい物件が見つかんなくて、とりあえず部屋が見つかるまでって事でここに転がり込んだけどさ。いつまでも松潤の家にいたらさ、彼女とか作っても俺邪魔になるだろうし。よく考えたらお前はお前の生活だってあるわけだし、お前の時間だって削られてるし。それにお前が…」「ちょ、ちょっと待って翔君」慌ててその続きを遮ると、今度こそ拗ねたような表情と目が合った。…どうしてだろう?身長.