あらゆるジャンルを全方位型で網羅した、「本物のリアルなスピリチュアル情報」をコンセプトに、毎日Youtube動画を配信しています。, 自分に自覚がなくとも「虫の知らせ」としてメッセージを送ってくれて、見えないところでサポートしてくれている存在なのですね〜〜, その意味や調べ方も含めて、産土神様については動画でお伝えしてくれているので「産土神様って知らなかったよ!」という方は、一度調べて産土神とのつながりを深めてください〜☆, <オススメの関連動画>▼神社の参拝方法と礼儀作法の基本~鳥居から参道、御手洗・手水舎、参拝まで, 初心者向けのスピリチュアルの真実を語っている「Uの世界」マガジンnote、ぜひフォローお願いいたします☆, サポートいただいた分は私の活動費・画材道具費・心の栄養費にあてさせていただきます。美味しいコーヒーとクッキーを食べてる時が一番の至福。サポートいただいた喜びとともにコーヒー☕️が飲みたい。そしてそのしあわせな気持ちでいい記事と絵画をかいてシェアします。, 初心者から中級者までのスピリチュアル1年生の教室。youtubeでも毎日動画を配信しています。, オーストラリアから帰国したふわっとゆる〜い関西人。イラストレーター/筆文字/カバラ数秘術カウンセラー/音楽家/元ヨガインストラクター。趣味は、カメラとお花。大好物はコーヒーと焼き菓子。スイーツ大好き。noteでは自分の思った事を自由に表現します. 算命学では守護神の占いを活用することで、開運、才能の発見、宿命稼働法、開運の時期を見出すことができます。, 寅(2月)、卯(3月)、辰(4月)、巳(5月)、午(6月)、未(7月)、申(8月)、酉(9月)、戌(10月)、亥(11月)、子(12月)、丑(1月)です。, 季節が持つ冬の寒気、春の湿気、夏の熱気、秋の乾燥した気のなかで、日干の魂がどのような五行があればバランスが取れるかを宿命の中から見出します。, 季節の守護神が宿命にあれば、心のバランスが取れる人であり、世の中で注目されやすくなります。, 季節の守護神がなければ、心にブレーキがかけられない人で、一旦走り出すと、人の忠告に関係なく自分の道を突き進みます。, 自分の宿命が持つ役目の世界に向かうと、迷うことなく突き進むことができ、成功することができます。, すべての日干についていえることですが、土用(丑、辰、未、戌)月生まれは、土が固くなると気の動きが鈍くなります。, 樹木の役目は、まず、樹木自身が大きく育つことで、枝葉が茂り木陰を作って憩いの場所を作ることです。, 次に木の実を実らせることです。秋には枯葉を落とし堆肥となって肥沃な土壌を生み出します。, 宿命に丙火と癸水がバランス良く存在すると、この世での役目が発揮しやすい人生となります。, 宿命に丙、丁があれば精神的分野で才能を発揮し、なければ現実的分野で才能を発揮します。, 穀物、草花などが乙木ですので、長く成長して実りをつけるには太陽の光と雨露の雨です。, ですから、丙火は非常に強い気であるとともに、長く輝き続けさせるために、壬水の海の象徴を必要とします。, 丙火は、壬水と庚金をバランスよく持つと運勢が活性化されます丙火が癸水を見ると、強い火を抑えることはできますが、癸水は雨雲となって、太陽は雲に隠れ、輝くことはできなくなります。, 土性は火母に従い、土(季節の終わり、丑、辰、未、戌)に寄旺するのであり、土性である本人は中央にあって自分の旺地がありません。, 土性が豊かになるには、その上に育つものが豊かになることによって決まり、土性にとって、木性がどれだけ立派に育つかによって、土性の盛衰が決まります。, よって、土性は、甲木と丙火と慈潤の用としての癸水の三つをバランスよく保つことが必要であります。, 戊土は頑固な山岳の土で水気を求めるのに対し、己土は優しい田園の土で人柄は大らかで物事を受け入れる体質をもっています。, 太陽は丙火、水は雨が良いので癸水がバランす良くあると価値ある田園となるのであります。, さらに、田園が肥沃な土壌となるためには、枯葉があるとやがて堆肥となるのでありがたい存在であります。, 熱くなった鋼を鋳型に入れて形が出来上がって固めるには、一気に冷やす方法を使います。, すなわち甲木は庚金で制し、丙火は壬水で制し、戊土は甲木で制し、壬水は戊土でダムを作ります。, 先ず、火性です。そのうえで土性または金性です。木性が溶かす火性の持続力を与えます。, 庚金と辛金の性質は全く異なります。庚金は強く荒々しい頑金であり、辛金は柔弱で軽くて清い金銀珠玉と見ます。, 辛金全体に言えることでありますが、辛金は流れる水で洗ってその輝きを増すことになります。, 水の太過、命中に壬水、癸水が多く有って病となる場合に限り、戊土、己土で以ってその水を制する薬として使います。, 壬水は陽の水で大海、大湖、大河、そこから流通するもの、集まってきた水という意味があります。, 凍りついたら丙火の太陽を求め、あふれ出る水は堤防の決壊を招きますので、戊土で堤防の役目とします。, 清い水を保つために金性の水源を必要とし、水を有効活用するために木性を必要とします。. 守護神の出し方と相性の見方【生年月日で全てが分かる】 29,058ビュー 占いで何を聞けばいいのか分からない人へ 16,120ビュー 四柱推命で占う適職診断|生年月日で簡単に適職がわかる? 誕生日から自分の守護天使を調べる方法をご紹介します。守護天使は、あなたの「直感」や「なんとなくそうしたほうが良いと思う気づき」を与えてくれます。自分の守護天使を知り、適切なアドバイスをもらいましょう。 守護(しゅご)は、日本の鎌倉幕府・室町幕府が置いた武家の職制で、国単位で設置された軍事指揮官・行政官である。 令外官である追捕使が守護の原型であって、後白河法皇が源頼朝に守護・地頭の設置と任免権を認めたことによって、幕府の職制に組み込まれていった。 守護神の調べ方 ①下の表で、生まれた年と月が交差する場所の数字を調べます。 例 1995年1月11日生まれの人は「28」 守護神算命学では守護神の占いを活用することで、開運、才能の発見、宿命稼働法、開運の時期を見出すことができます。守護神の種類は以下の通りです。 調候の守護神 格の守護神 破格の守護神 調和の守護神調候の守護神守護神のなかで重要な判断となるのが調候の守護神です。